お知らせ


10月4日(土)に行う「カタリココ」に登壇させていただきます。「カタリココ」は、文筆家の大竹昭子さんが主宰するトークと朗読のイベントです。現在「芸術新潮」で連載させていただいている『作家が覗いたレンズ』と、11月に創刊される『工芸青花』、3月に出版した『荒野の古本屋』を中心にお話を進めて行きたいと考えております。参加をご希望される方は、下記メールアドレスかFBメッセージに、・お名前 ・予約人数 ・ご連絡先(電話)をご記入のうえ、件名に「カタリココ」とご明記してお送りください。お電話にても承ります。
info@moriokashoten.com
03−3249−4567

◎10月4日(土)
ゲスト:森岡督行
開催時間:開場 18時半 開演時間 19時
予約開始 9月4日(月)13時/定員数 40人
会場:スペースまる八
東京都中央区日本橋茅場町1-12-2 樋口本店ビル8F
(スターバックスコーヒー茅場町店のビル)

「カタリココ」の詳細は下記のサイトをご参照ください。
http://katarikoko.blog40.fc2.com/

「2007年にRainy Day Bookstore & Cafeではじまったカタリココは、翌年、古書店に会場を移してつづけられてきましたが、今回のゲストはその当初から参加している最古参の森岡書店の森岡督行さんです。森岡さんは店を経営するかたわら、文筆家としても活躍され、数々の著書を出されています。最新刊『荒野の古本屋』では、本が好きで社会に背をむけがちだった青年が、若き日に溜め込んだ本の蓄積をまず書店のかたちで表現し、つぎに著作を書いて世に問うていく過程がつづられています。そこで今回は、森岡督行という人間とその表現がいかに形成されてきたかを、出来ることなら子どものころからの写真などを上映しつつ展開したいと思います。7年目にして店主自らがゲストとなる特番に、ぜひご期待ください!」(AO)